フォルクスワーゲンT-クロスのティザーを公開

公開 : 2016.02.23 22:40  更新 : 2017.06.01 01:37

フォルクスワーゲンは、来週のジュネーブ・モーターショーで発表する予定のT-クロスのティザー・フォトを公開した。

このT-クロスは、ポロをベースとしたエントリーレベルのSUVで、マツダCX-3や日産ジュークのライバルとなるモデル。すでに発表されているT-ロックの兄弟車として、およそ£18,000(284万円)前後で2018年からの販売を予定している。

ゴルフ・ベースのSUVモデルは、2014年にコンセプト・モデルが公開され、2017年にはショールームに並ぶ予定。更に、このT-クロスとT-ロックがこれに続くというのがフォルクスワーゲンのSUV戦略である。

「われわれは、ティグアン、トゥアレグの下のモデルとして、T-クロスとT-ロックを生産することを考えている。」とマネージャーは語っている。

このT-クロスは、フォルクスワーゲンのMQBプラットフォームをベースとし、エンジンはガソリンおよびディーゼル。駆動方式はFWDだが、4WDもオプションとして用意される。

デザインは、フォルクスワーゲン・ブランド・デザイン責任者、クラウス・ビーショフの手にによるもので、四角いデイタイム・ランニング・ライト、フルワイドのグリル、個性的なホイールアーチなどを特徴とする。

ちなみに、T-クロスのネーミングの頭文字のTは、ティグアン、トゥアレグ、T-ロックという、頭文字にTを採用するというフォルクスワーゲンSUVの伝統に従ったものだ。


▶ 海外ニュース / フォルクスワーゲン・グループのコンパクトSUVは4つのブランドで
▶ 海外ニュース / フォルクスワーゲンT-ロック・コンセプト

関連テーマ