ダットサン、初のアーバンクロス、レディGOを公開

公開 : 2016.04.14 22:05  更新 : 2017.06.01 01:33

日産はダットサン・ブランドで、初のアーバンクロスとなるレディGO (redi-GO) をインド市場向けに公開した。

このレディGOは、クロスオーバーの広々とした室内空間と、コンパクト・ハッチのキビキビした走り、手頃な価格、そして高い燃費性能を一体化したモデル。

詳細は不明だが、エンジンは0.8ℓの3気筒で、トランスミッションは5速マニュアルが組み合わせられる。プラットフォームは、ルノー-日産アライアンスによるCMF-A(コモン・モジュール・ファミリー)だ。

ダットサンブランドのグローバル責任者であるヴァンサン・コベは、「似たようなハッチバックがあふれている中で、ダットサン・レディGOは、そのモダンで特徴のある外観によって、ひときわ目立つ存在となっています。そのデザインは、人生における明確な目標を持ち、自信に満ちた野心家であるこのクルマのお客さまの個性を反映したものです」とコメントしている。

また、日産のインド事業統括責任者のギヨーム・シカールは、「インドにおけるダットサンの成長戦略は、今後も、現地での設計、開発、生産に取り組んでゆくことです。この取り組みを目に見える形で表現したダットサン・レディGOは、クラス最高レベルの機能を提供しています。従来のコンパクトハッチバックセグメントに、楽しく、自由で、自信に満ちたアイデアをもたらすモデルです」と語っている。

関連テーマ

 

人気記事