三菱、ekワゴン、ekスペースなどの燃費試験で不正行為

2016.04.20

三菱は、国土交通省へ提出した燃費試験データについて、燃費を実際よりも良く見せるため、不正な操作が行われていたことが判明したと発表した。

該当するのは、2013年6月から三菱で生産しているeKワゴンeKスペースと、日産向けに供給しているデイズ、デイズ・ルークスの計4車種。これまでに三菱は計15万7千台を販売し、日産は計46万8千台を生産しているという。

発覚したのは、次期車の開発にあたり、日産が該当モデルの燃費を参考に測定したところ、届出値との乖離があり、三菱に試験で設定した走行抵抗値について確認を求めたところ、三菱の社内調査の結果、実際より燃費に有利な走行抵抗値を使用した不正があったという。

eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズ・ルークスについては、生産・販売を停止し、補償についても今後、協議することとなっている。

また、これら問題につき、さらに客観的で徹底的な調査を行うため、独立性のある外部有識者のみによる調査のための委員会を設置し、調査結果がまとまり次第に公表するとしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×