ジョージ・ホッツ、ホンダ車用の後付け自動運転プログラムを無償提供

公開 : 2016.12.05 04:30  更新 : 2017.12.14 12:31

米国のソフトウェアメーカー、Comma.aiは、部分自動運転プログラムを無償公開した。フリーダウンロード可能となったパッケージには、システムのコードとハードウェアの図面が含まれている。

Comma.aiは今夏、ホンダおよびアキュラ車用にアドオンとして機能する自動運転システムを発売すると発表していた。しかし先月、米当局の差し止めを受けて販売を見合わせることになった。

著名ハッカーとして知られるホッツの見解

AppleのiPhoneを史上初めてアンロックしたハッカーとして知られるジョージ・ホッツ代表は、米メディアのインタビューに対し「販売はしていません。ただ図面をインターネット上に公開しただけです」とコメントしている。

このソフトウェアは、Neoと呼ばれる電子機器を搭載したボックスを介して作動する。そのボックスは、ルームミラー部分に装着し、そのうえでカメラからのインプットとデータ処理をするために、OnePlus3という中国製のアンドロイド・スマートフォンをセットする必要がある。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事