三菱eKスペースが大幅に進化 「ナノイー」や「IRカット」も 123万円〜

2016.12.21

三菱はスーパー・ハイト・ワゴンの軽自動車 ‘eKスペース’ を大幅に変更し、本日より販売開始する。

後席の空気を循環させる ‘ナノイー’ 機能を追加するなど、快適性にも力を入れているのが特徴だ。

標準モデルは ‘人間味を’、カスタムは ‘ダイナミック・シールド’ で存在感を

標準モデルとカスタム・モデルともに、フロント・デザインが大幅に変更されている。

標準モデルは、やわらかい面構成で ‘張り’ を再現。

デザインを統括した大石聖二氏は、ヘッドライトとグリルのあいだに面を設けることで、 ‘クルマ温度をあげる’ という言葉を用いて、より人間らしい親しみやすさを与えたと説明してくれた。

一方のカスタム・モデルは、最近のデザイン言語である ‘ダイナミック・シールド’ を大胆に採用。

4段階構成のメッキバーを思い切って採用することで、大胆さで若い層にアピールする試みだという。

あらたな多眼タイプのLEDヘッドライトは、クリスタル・ガラスのような質感を再現している。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事