新車&中古車対決! ―― 日産GT-R vs BMW i8

公開 : 2017.01.22 05:50  更新 : 2017.05.29 19:29

で、どちらが速いの?

BMWのミッドシップにマウントされ231psを発生する1.5ℓ3気筒ターボ・エンジンは巡航時に、ごうごうと音を出しながらリア・タイヤを駆動する。ちょっとうるさい。

GT-Rの公式加速データは発表されていないが、AUTOCARのロード・テストでは、暴力的なローンチ・コントロールを用いた状態で0-97km/hタイムは3.4秒を記録した。言うまでもなく速い。目の前のボクサーが、気づいたら自分の頬をパンチし終わっているかのような速さとでもいおうか。4500rpmから、リミッター作動する7000rpmまでの、広大なトルク・バンドにも驚く。

i8の0-100km/hタイムは4.4秒と公表されているが、体感的な速さはGT-R並みだ。ギアボックスは、ふつうのトルクコンバーター式かつ、‘たったの’ 6速オートマティックだが、フロント・モーターが2スピードのトランスミッションを備えていて、エンジンのギアボックスとは別に高速走行時に有効に切り替わる。そしてまたリアに積まれたスターター・ジェネレーターはシフト・アップ時には、トルクをそっと上乗せする。

GT-Rよりも多く音響増幅を使用しているBMWは多くのダウンサイジング・ターボ車がそうであるように、元々のエンジン音以上にたくましい音を発する。小さな3気筒エンジン自体は、ヒューンという奇妙な音をずっと出しながら、6500rpmまでは流れるような活発な加速を見せる。

スロットルを緩めると、回生する電力をスターター・ジェネレーターに蓄電するため、i8はカーボンファイバーで固められた1560kgの車重以上に重く感じるようになる。

両車ともに、シフトダウン時にはブリッピングをしながら回転数を合わせるが、i8のギアボックスは、左の指でパドルを弾いても、4000rpm以上に入らないように、シフト・ダウンを拒むようだ。一方、GT-Rのトランスミッションは、ドライバーが操作した通りに動作してくれる。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×