新車&中古車対決! ―― 日産GT-R vs BMW i8

公開 : 2017.01.22 05:50  更新 : 2017.05.29 19:29

AUTOCARが好むのは……

2台の相違はハンドリングにも現れる。BMWの、GT-Rより40mm細いフロント・タイヤが悲鳴を上げはじめるような場所、特にウェット路面でトラクション・コントロールが正常に介入するときに、GT-Rは、ドライバーのチャレンジングな考えを刺激する。

また、i8が接地性を失いはじめるとき、GT-Rはリア・タイヤの駆動力を最大で前後50:50になるまで流動的に分配して接地性を回復しようとして、トラクションを保とうとしている。

BMWに比べて267kg重いが、それでも十分回頭性は良い。i8のステアリングは応答性が良いが、日産のより上質なウェイトとフィードバックがある特徴的なハンドリングと比べると、なめらかさには劣る。

また、BMWが主張している経済性はとても現実的とは思えないほどすばらしい。総じて17.7km/ℓで走行できて、日産が10年経過している間、もがいているうちに、市街地走行では給油が要らないレベルになったのだ。

これは驚くべきことで、中古車でハイブリッド好きには練習用として(比較的)購入しやすいクルマである。

しかしGT-Rの動力性能は、別の次元にある。レース場に持ちこまなくても楽しめて、唯一無二の存在で楽しさを享受できる選択肢のひとつだ。

BMW i8が歴史を塗り替えた(あるいは塗り替えつつある)クルマだとすれば、GT-Rは、ひとをエキサイトさせる方法を模索しつづけた作品だ。

むろん、どちらもいい。しかしドライビング・プレジャー最優先のAUTOCARとしては、もちろんGT-Rに敬意を評さずにはいられない。


▶ カーレビュー / 新車&中古車対決! ―― アウディTT vs ロータス・エヴォーラ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×