新車&中古車対決! ―― 日産GT-R vs BMW i8

公開 : 2017.01.22 05:50  更新 : 2017.05.29 19:29

新車とちょっと前の中古車が、おなじ金額だったら、どっちを買うべきなのだろう? それも、両者がおなじくらい魅力的だったら……。今回は新車の日産GT-Rと中古のBMW i8を戦わせる。

どちらも魅力的で、どちらも勝者になりうる

最新型のGT-Rが発売された。英国における価格は£79,995(1,120万円)から。現行型が登場してから10年が経過しているが、高性能なハードウェアと、ゴジラのムチ打つしっぽのごとく方向を自在に変えられるセンサーとプロセッサーの集合体として、今も存在感を放ちつづけている。

もちろん、2017年型は従来に増してパワー・アップしており、3.8ℓV6ツインターボから570psをひねりだす。しかし日産はそのほかにも、数多くのリファインを施し、GTカーとしての魅力を増しているという。

一方のBMW i8も、テクノロジーに注力したクルマである。発売後2年しか経過していないが、元々の新車価格が£104,540(1,464万円)のクルマが、現在は£63,000(882万円)で買えるまでになっている。

いろいろな諸経費を考えると、新車のGT-Rと、ほぼ同額で中古のi8が購入できるというわけだ。

走行距離1万2000kmのクリスタル・ホワイトの個体の価格は£73,000(1,020万円)。このページのために、64台の候補の中から探しだした。

そうして、ここに2台の4WD、2+2のGTが揃った。うち一台は、ヘミングウェイがラム酒を飲み干すようにガソリンを消費するし、もう一台はわずかにたしなむ程度にしか消費しない、という違いがあるけれど。

果たしてGT-RはモダンGTに勝てるのか? 倹約家のi8は、GT-R以上に十分に楽しませてくれるのだろうか?


関連テーマ

 
最新試乗記