スバル・フォレスターを改良 アイサイト標準装備モデルを拡大

2017.03.13

スバルフォレスターに改良を施し、3月13日に発表、4月3日より発売を開始する。

ATモデル全車にアイサイト(ver.3)を標準装備

今回の改良の目玉は、エントリー・グレードとして2,419,200円の2.0i EyeSightを設定し、6MTの2.0i-L以外のすべてのモデルにアイサイト(ver.3)を標準装備としたこと。また、アクティブ・レーン・キープの作動域をこれまでの65km/hから60km/hと、5kmほど低くした。

X-BREAKはエクステリアをスープアップ

更に、X-BREAKにエクステリアのデザインをスープアップしたカラー・アクセント仕様を追加した。ダーク・グレー・メタリック塗装の専用17インチ・アルミホイール、オレンジの加飾を施したフロント・フォグランプ・カバーとサイド・クラッディングに加え、X-BREAKリア・オーナメントやブラックのルーフ・レール等を採用しながらも、価格はこれまでのX-BREAKと同一価格としている。

価格は、2,419,200円から3,128,760円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×