アウディA8新型 世界初! 衝突時80mm車体リフト 覚えておくべき3つの技術

公開 : 2017.06.23 19:40

「アウディA8」新型には、世界初の「衝突時80mm車体リフト」機能が搭載されます。さらに、「A4」よりも小回りが得意だとか。どういうことでしょう?

アクティブサスペンション

完全アクティブ制御のエレクトロメカニカル・サスペンションは、個々のホイールを独立制御して、道路状況に的確に対応するシステムだ。

フロントカメラからのデータをもとに、システムは道路の凹凸を検知して、事前にアクティブサスペンションを調整。

アウディが開発したプレビュー機能により、クルマがその凹凸に到達する前にアクチュエーターに適切なストローク幅を伝えて、積極的にサスペンションを制御する仕組みだ。

1000分の数秒で 凹凸を吸収

このプロセスに要する時間は、わずか1000分の数秒に過ぎない。

カメラから届けられる路面情報は毎秒18回に達し、これをエレクトロニックシャシープラットフォーム(ECP)が分析処理して、ほぼリアルタイムで、すべてのサスペンションコンポーネントをコントロールする。

これにより、コーナリング中のロールや、制動および加速時のピッチングが徹底して抑え込まれるという。ドライバーは車両を完璧にコントロールでき、リアシートの乗員も仕事を邪魔されることはないのだ。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事