短評 2.0ℓ4気筒のジャガーF-タイプに試乗 インジニウムガソリンの第一印象は?

公開 : 2017.07.08 16:40

音のデザインにも力を抜かなかった

もっとも、この2.0ℓモデルは低価格という以上に、独自のキャラクターがあるというのがジャガーの主張。

軽いエンジンは52kgの重量削減に貢献し、そのほとんどが前輪荷重の減少であるため、アジリティ向上にも寄与する。

エグゾーストノートはスポーティで独特だが、エンジンそのものだけでなく、オーディオ経由のサウンドもミックスされたものだ。

チーフ・プロダクト・エンジニアのエロール・ムスタファは語る。

「このクルマは素晴らしくバランスがよく、走らせれば実に機敏です。曲がりくねった道はお手の物ですよ。スペシャルな4気筒のエグゾーストノートも含めて、このF-タイプのキャラクターは独特です」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×