新参SUV対決 アルファ・ステルヴィオ vs ジャガーF-PACE 後編

公開 : 2017.09.18 11:40  更新 : 2017.09.19 14:45

いよいよ、ステルヴィオとF-PACEのバトルが決着します。いずれも甲乙つけがたい2台。勝敗の分かれ目は、両車が目指すプレミアムとスポーティ、それぞれの要素の濃度にあるようです。

もくじ

前編
ジャガーとアルファの多すぎる共通点
成長戦略も同じ 熾烈な競争の予感
拡大が続くF-PACEに強敵登場
ある意味、映画スターのごときルックス
広さは同等 質感は大きく異なる

後編
ジャガーの高い品質と独自の雰囲気
アルファの物足りないプレミアム性
パワートレインで逆転する印象
出自に恥じぬシャシー性能
不整路面に翻弄されるステルヴィオ
プレミアム性をより実感できるF-PACE

ジャガーの高い品質と独自の雰囲気

F-PACEのキャビンも、アウディQ5やメルセデス・ベンツGLCと比べれば、リッチなラグジュアリーさやコストのかかったマテリアルのクオリティ、ソリッドさでは完全に同等とは言えないが、かなり近いところまでは来ている。


ジャガーのレザーはやわらかく魅力的で、プラスティックのモールドは手触りがよく上質な仕上げぶり。スイッチ類はラバーで覆われ、動作のタッチには剛性感がある。

インフォテイメント・システムは操作性がよく、洗練され、セグメントベストへ対抗するのに必要な要素はたいがい揃っている。ドイツ勢では容易に得られない、気負わない温かな雰囲気やセンスの良さもそこにはある。

関連テーマ

 
最新試乗記