ランボルギーニ初のコンクール 日本人オーナーのミウラSV、最優秀賞

公開 : 2017.09.19 16:40

ランボルギーニが、初のコンクールをスイスで開催しました。マルツァル、エスパーダ、カウンタックなど50台が競いあい、日本人コレクターのミウラSVが最優秀賞に!

もくじ

ランボルギーニ&デザイン スイスで開催
猛牛で巡るル・コルビュジエの名作
最優秀賞 日本人コレクターのミウラSV
カウンタックQV 英国からスイスまで走破
ランボルギーニ&デザイン画像ギャラリー

ランボルギーニ&デザイン スイスで開催

ランボルギーニは、「ランボルギーニ&デザイン」というコンクールを今週末、スイスのヌーシャテルで開催した。

このイベントは、建築家のル・コルビュジエ(近代建築の三巨匠のひとり、本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ)に捧げられたイベントである。

ランボルギーニ&デザイン コンクール・デレガンス

スイス・ヌーシャテル州にあるコミューン、ラ・ショー=ド=フォンは彼の生まれ故郷だ。この週末は、ミウラ、カウンタック、エスパーダ、LM002、そしてマルツァル、さらにはヴェネーノ・ロードスターにいたる50台ものランボルギーニが世界中から集まり、山あいの街を賑わせた。
 

関連テーマ

人気テーマ