[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

86 “GR” 試乗 標準モデル/GRMNと何が変わる? プロトタイプで検証

2017.09.19

100字サマリー

トヨタは、86 “GR” の開発を進めています。その「プロトタイプ車両」をサーキット試乗。標準の86と乗り比べました。

もくじ

どんなクルマ?
GRシリーズに続け 86 “GR” プロトタイプ
限定車86GRMNとの違いは?
どんな感じ?
見逃せないタイヤサイズ/銘柄の変更
なぜ? ボディは標準と変わらない?
「買い」か?
サーキットで走り比べ その結果は?

どんなクルマ?

GRシリーズに続け 86 “GR” プロトタイプ

トヨタは昨年来、組織体系を、製品ジャンルやパワートレイン、コネクテッドなど、製品や技術内容を軸としたカンパニー制に再編しはじめている。

その一環として今年3月に新設されたのが「GAZOO Racing Company」で、同カンパニーではモータースポーツ活動で得た技術を商品の「走りの味づくり」のノウハウとして蓄積するだけでなく、独自の企画として製品化するのだという。

86 GRプロトタイプ

それに合わせて、同カンパニー謹製の商品として、これまで「G’s」と「GRMN」の2本柱で製品化されていたトヨタのスポーツモデルも再編。頂点のGRMNの扱いはこれまでと変わりないが、従来の「G’s」にあたるモデルを「GR」とすると同時に、よりライトなチューニング内容で価格も抑えた「GR SPORTS」を設定することとなった。

86 GRプロトタイプ

この9月19日に多くの新GRシリーズがいっせいにデビューしたが、さらにコアなマニア筋が期待するモデルとして開発中なのが、この「86 “GR”」である。
 

 
最新試乗記