ルノー 「運転好きが満足する」自動運転とは シンビオズを例に 試乗も

公開 : 2018.01.27 11:40  更新 : 2018.01.27 11:50

たった1台だけのプロトタイプが、ルノーの先進の自動運転と電動化、そしてコネクテッド・テクノロジーのいまを見せます。レベル4が実現した際の「こだわり」は、じつにルノーらしいです。

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)

もくじ

シンビオズ スポーティでダイナミックに
運転好きが満足する、AI利用の自動運転
レベル4の自動運転 制御の実際
シンビオズに乗ってみた(運転はしていない)
責任者、マテゥー・リップスへの質問

シンビオズ スポーティでダイナミックに

最初の自動運転モデルはスポーティでダイナミックなドライブフィールを持つとルノーは確約する。

これは自動運転技術の開発を行うに際して、当初スタッフが示した抵抗を受けて決まったことだと、アドバンスド・デザイン・チームのボスであるパトリック・ルシャルピーは言う。

ルノーは昨年のフランクフルト・モーターショーで実際に走行可能なシンビオズのプロトタイプ・バージョンを公開したが、一方でコンセプト・モデルの方は2030年までの実用化を目指す電動化やコネクティビティ、そして自動運転技術に注力しており、フランクフルトで発表されたプロトタイプは2023年までにルノーが実際に発売する技術のデモカーとしての役割を担っている。

シンビオズのデモカーはリアアクスルに搭載された2基の電動モーターを動力源としている。それぞれのモーターがリアのふたつのタイヤを駆動させており、合計出力は680ps、最大トルクは67.3kg-mで0-100km/hは6秒程度とのことだ。

シンビオズは特定の場所であれば完全にドライバーによる運転操作が不要となるレベル4を目指して開発されているが、非自動運転のダイナミック・モードも設定され、よりシャープなレスポンスとハンドリングを提供する。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事