ジウジアーロの新コンセプト「Sibylla」 フロント・キャノピーなど過去作品オマージュ

公開 : 2018.03.01 07:10

ジウジアーロがジュネーブで異形のコンセプトモデルを発表します。過去に自身がデザインしたコンセプトカーから着想を得たレトロなスタイリングを持つこのモデルには、電動パワートレインと最新の制御技術が組み合わされています。

異形のコンセプトモデルは過去と未来の融合

イタルデザイン創業者のジョルジェット・ジウジアーロがジュネーブでレトロな4ドア・コンセプトカーを発表する。

ジウジアーロ「Sibylla」と呼ばれる新たなコンセプトカーでは、過去の象徴的モデルへのオマージュとして、フロント・キャノピーとリア・ガルウイングドアが組み合わされている。

3月のジュネーブ・モーターショーで公開されるのは、イタルデザイン創業者であるジョルジェット・ジウジアーロと、GFGスタイルという名の新たなデザインハウスで共に働く息子、ファブリツィオの筆による型破りな4ドアモデルだ。


このクルマのスタイリングは明らかに1960年代と70年代からの影響を受けている。前ヒンジのフロント・キャノピーは、まさにジウジアーロ自身が1963年にデザインしたシボレー・テストゥードへのオマージュである。

メルセデス・ベンツEクラスよりも長い全長を持つSibyllaには、4つのモーターで構成された電動パワートレインが組み合わされる。中国のエネルギー・マネージメント企業であるEnvision社の技術によって、このクルマではより効率よく電力を使うことできるとともに、車両から電力グリッドへの充電も可能にしている。


GFGスタイルからコンセプトカーが公開されるのはこれが2例目となる。最初のコンセプトカーは、最近サーキット向けのRSが発表された、同じくフロント・ヒンジのキャノピーを持つ電動モデルのテックルールズ・レンだった。

ジウジアーロと彼の息子は2015年にイタルデザイン株をアウディに売却している。この有名なデザインハウスからは、アウディR8のV10エンジンを積んだゼロウノのオープンモデルがジュネーブ・モーターショーで公開される予定だ。

ゼロウノについては「イタルデザイン・ゼロウノ・ロードスター ジュネーブ公開 5.2ℓV10、R8と共通」にて報じている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事