レンジローバー・イヴォークに世界初9速オートマティック

2013.02.27

レンジローバー・イヴォークに、プロダクション・モデルとしては初となる9速オートマティック・ギアボックスが装備された。

燃費の改善とCO2排出量の削減が主な目標で、この新しいZF製9HPトランスミッションは、まずは4WDの6速モデルに代わるものとなる。

より、細かなギア・レシオ・セッティングができるために、素早い加速が約束され、しかも巡航速度での騒音も低減される。また、トップ・ギアのレシオが高くなったため、燃費も改善されるという。更に、スキップ・シフト・ファンクションも装備されるため、激しい加減速ではギアを飛び越えてのシフトも可能だ。

このギアボックスは、モード切り替えが可能で、パフォーマンス重視や、リラックスしたドライビング重視などに変更が可能だ。

なお、この新しいギアボックスは、全長は旧い6速オートマティックよりも6mm長くなるが、重量は7.5kg少なくなっている。

 

人気記事