ヴァンキッシュS レッド10 王立空軍100周年を祝う アストン マーティン

公開 : 2018.04.06 19:25  更新 : 2018.04.06 22:08

昨年10台限定で製造されたアストン マーティン・ヴァンキッシュS レッドアローズ・エディションを、覚えていますか? 英・空軍のレッドアローズをモチーフにした限定車です。王立空軍100周年となる今年、ロンドン・モーターショーにお目見えします。

レッドアローズ・エディション ロンドン・モーターショーに

ロイヤル・エアフォース(英・王立空軍)のレッドアローズに敬意を表したアストン マーティン・ヴァンキッシュS レッドアローズ・エディション(レッド10)が、5月のロンドン・モーターショーに登場する。

V12エンジンを搭載するレッド10は、最高速度323km/h、0-97km/h加速3.5秒を実現し、まるで戦闘機のような加速を味わえるという。ジグザグ柄を施したカーボン製ルーフは、パイロットが脱出する際にルーフが粉々になることにちなんだもの。エクラ・レッドというカラーリングは、ユニオンジャックをモチーフにしたレッドアローズの機体と同じ配色だ。


レッド10は、ロンドン・モーターショーの会場で「ビルト・イン・ブリテン」企画にディスプレイ。英国の卓越したエンジニアリングとデザイン、創造性を来場者にアピールすることになる。

驚いたことに、展示車両は英国空軍(今年で100周年)のチャリティくじで市民に提供されたもので、当選者は7万票のなかから選ばれたハンフリー・ブラッドリーさんという男性である。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ヴァンキッシュS レッド10』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

また、レッド10の詳細については、既報の「アストン マーティン・ヴァンキッシュS レッドアローズ・エディション 付属品が強烈」から確認することができる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事