シビック・セダン 7年ぶりに英国市場で復活 SUVへの攻勢を期待

公開 : 2018.05.15 11:50

SUV人気に対抗できるか

シビック・セダンは、ヨーロッパの他の市場ではすでに発売が開始されているため、全長4644mm、全幅1799mm、全高1416mm、ホイールベース2700mmのディメンションに変更はないだろう。荷室容量は519ℓを確保している。

ホンダによれば、シビック・セダンは低いドライビングポジションだけでなく、高い洗練性を備えている。国際市場向けモデルで確認すると、レッグルームはフロントシートで1074mm、リアシートで950mmとなっている。

メーカーが今日の市場にセダンを投入するのは珍しい。SUVが市場を席巻し、世界中でセダンの販売台数は減少を続けているからだ。

ホンダUKの広報担当によれば、生産されるシビックの中でセダンが占める割合は不明だが、ハッチバックがかなりの割合を占める見込みだ。

ホンダが英国市場でセダンをラインナップするのは、2015年にアコードの販売が終了して以来初めてとなる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事