OTOTEN開幕 ケンウッド、ハイレゾ対応スピーカー/サブウーファー体験を開催中

2018.06.16

ドライブレコーダー販売数量シェア 2年連続1位

近年のケンウッドは、ハイレゾ対応スピーカーにくわえ、彩速ナビ、ドライブレコーダー(フロント/リア)、ETC2.0をつなげ、
・エンターテインメント
・ナビゲーション
・安全/安心機能
をパッケージで提供する「スマート連携」を展開している。

デモカーの前後ウインドウには、連携型ドライブレコーダー「DRV-N530(フロント)」「DRV-R530(リア)」を搭載し、ナビ画面にはドラレコの映像を小画面で表示。彩速ナビのコンセプトを引き継いだ鮮やかな色あいで周囲の様子を記録していた。メーカー担当者によると、「この一年で、後方を撮りたい方が圧倒的に増えている」ということだ。

なお同社のドライブレコーダーは、メーカー別販売数量シェアで2年連続の1位を獲得したことが話題となっている。

OTOTENは、東京都・有楽町の東京国際フォーラムで開催中。16日土曜は19時まで、17日日曜は16時までオープン。入場料は無料だ。

JVCケンウッドは、ハイレゾ体験デモカーのほかにも、木を振動板に用いたハイレゾ対応ヘッドホン「ウッドシリーズ」、Bluetooth対応K2テクノロジー搭載ヘッドホン、音場特性カスタムサービス・ヘッドホンの視聴体験などを実施している。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ケンウッド、ハイレゾ対応スピーカー/サブウーファー体験を開催中』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×