ランボルギーニ・アヴェンタドールSV J 打倒911 GT2 RS ニュル記録に挑戦か

公開 : 2018.07.09 11:10

以前報じた通り、ランボルギーニ・アヴェンタドールにSV J(イオタ)と呼ばれる高性能版が開発中です。ランボルギーニはこのクルマを使い、先日ポルシェが911GT2 RSで打ち立てたニュルブルクリンクのラップレコードを更新するつもりのようです。

ニュルでの全開走行が目撃

ランボルギーニはサーキット志向のアヴェンタドールSV Jでニュルブルクリンクにおける市販車レコードに挑戦するつもりかもしれない。

これを実現するため、今夏発売予定の600台限定SVはノルドシュライフェを6分47秒3以下でラップする必要がある。これは現行のポルシェ911GT2 RSが設定したタイムだ。

報道によれば、ランボルギーニがニュルブルクリンクのコースレコードを樹立してからこのクルマを発売するとのことだが、公式なコメントは得られていない。

このアヴェンタドールSV Jはここ数カ月間ニュルブルクリンクでのテストが目撃されている。全開走行を繰り返していることからも、記録への挑戦の意志が伺える。

なお、「ランボルギーニ・アヴェンタドールSV J(イオタ)今年登場か より強烈なエアロで」にて、更に詳細な情報をご覧いただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事