試乗 新型スズキ・ジムニー(JB64)、ONとOFFの走りは? シエラ(JB74)と乗り比べ

公開 : 2018.12.29 18:10

どんな感じ?

シエラ 高剛性/高い操縦安定性

ラダーフレームは中央のエックスメンバーや前後クロスメンバーの追加などで剛性は従来比で1.5倍。それによってサスペンションがスムーズに動くようになったことは走り始めてすぐに感じ取れた。コンパクトな本格オフローダーらしからぬどっしりとした感触もあり、さすがは新型でずいぶんと進化しているものだと感心しきり。

だが、アスファルトがボコボコと波打った荒れた路面を突っ走っていくと、ロール方向へ揺さぶられが結構強い。ミッションか何かが動いて揺れが増幅しているような印象だ。

基本的な乗り心地は大幅に良くなってはいるけれど、状況によってはラダーフレーム+前後リジットサスの特性が顔を出すのは致し方ないところなのだろう。

ただし、路面の荒れが少なく、緩やかなコーナーが続く郊外路では快適だった。速度がちょっと高めのほうが落ち着きがいいようで、これなら高速道路でのクルージングも悪くないと推測できる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事