実車 日産セントラ(日本名:シルフィ) 2019年モデル 写真10枚

公開 : 2018.08.15 16:40  更新 : 2018.08.17 21:34

北米日産が、2019年モデルの日産セントラ(日本名:シルフィ)を発売しました。1.8ℓ自然吸気モデルと、1.6ℓターボを用意しています。SRターボの実車画像10枚を、ご覧ください。

セントラSRターボ 実車画像

北米日産は、小型乗用車「セントラ」の2019年モデルを発売した。主要グレードにアップルカープレイ、アンドロイドオートに対応したNissanConnect(日産コネクト)を標準装備している。

グレードは1.8ℓ自然吸気エンジン車(126〜132ps)がS、SV、SR、SL。

これに、1.6ℓDIGÔターボ車(190ps)のSRターボ、ニスモを用意。ニスモは6速マニュアルとXトロニックを選択できる。

写真はセントラSRターボで、17インチの10スポーク・アルミホイール、リアスポイラー、リアLEDコンビネーションランプ、フォグライト、クローム・エグゾーストチップ・フィニッシャーを装備し、スポーティな出で立ちに仕上げた。

セントラの北米価格は、1万7790ドル(198万円)からという設定。セントラSRターボは2万2570ドル(251万円)、セントラ・ニスモは2万5840ドル(287万円)だ。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『実車 日産セントラ(日本名:シルフィ)』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ