富士重工業、米国生産拠点創立25周年を迎える

2012.03.21

富士重工業の北米生産拠点であるスバル・オブ・インディアナ・オートモティブは、今年で創立25周年を迎える。スバル・オブ・インディアナ・オートモティブは、1989年からレガシィ、1995年からアウトバック、2005年からトライベッカを生産。また2007年からはトヨタ自動車との業務提携でカムリの受託生産を行なっている。生産累計は約211万台、昨年2011年には、スバル車生産が過去最高の161,716台(前年比102.3%)となった。

3月16日に3,600人を超える従業員と共に式典を行ったとのこと。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×