BMW最大のSUV「X7」 メルセデス・ベンツGLSなどに対抗へ 11月発表

公開 : 2018.10.17 12:17  更新 : 2018.11.26 12:06

X5よりさらに大型化 共通テーマも

上級市場での存在感のため、エクステリアにはクローム製パーツが多用される。インテリアは標準仕様のほかスタイリングを重視したMスポーツから選択可能だ。

全長は5151mmとなり、X5よりも230mm長く、7シリーズよりも89mm短い。そして全幅は1990mm、全高は1805mmとなり、ホイールベースは3105mmだ。

内装は新型X5と同様のテーマが用いられ、多層式ダッシュボードにはデジタルのインストルメントパネルと12.3インチのタッチスクリーン式インフォテインメントディスプレイが装着される。

4ゾーンのエアコン、ソフトクローズ・ドア、3ピースのサンルーフ、さらにパークアシスト機能などはすべてのモデルに搭載される標準装備だ。

3列のシートすべてに電動調整機能が設けられ、オプションで2プラス2プラス2の6席仕様とすることもできる。2列目のシートはX5よりもレッグルームで90mm、ヘッドルームで30mm拡大されているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×