アビーロードで、ランボルギーニ・エスパーダ50周年 王立自動車クラブも訪問

公開 : 2018.10.29 10:40

ランボルギーニ・エスパーダは、今年で50周年。それを祝し、ロンドンの街をエスパーダが巡りました。トップの画像はどこで撮影されたものか、皆様もちろん分かりますよね!? 写真7枚をご覧ください。

サンタアガタ所有 シリーズIII(S/N: 9090)

ランボルギーニ・ミュージアムが所有する1976年製のエスパーダが、同モデルの50周年記念を祝し、ロンドン市街を巡った。

シリーズIII、シャシーナンバー9090のエスパーダは、まず1897年創立の王立自動車クラブ(RAC)本部に立ち寄り、イギリスの自動車文化の発祥に想いを馳せた。

RACメンバーとランボルギーニからのゲストを迎え、50周年記念の祝賀ディナーを開催。歴史を飾る数々の名車を展示してきた王立自動車クラブの円形大広間「ロタンダ」にエスパーダが展示された。

そして次なる目的地は伝説のアビーロード。50年前の8月、その3番地にあるアビーロード・スタジオで、時代を超えるビートルズの名曲「ヘイ・ジュード」がレコーディングされた。

ロンドンを代表する場所であり、市内でも最も人気のある観光地のひとつである。エスパーダも、ビートルズが1969年に発表した有名なアルバム「アビーロード」のカバーを模し、スタジオ前の横断歩道をわたる姿を撮影した。