ジャガーXF 300スポーツ追加 スポーツブレークに、ディーゼル4駆

2018.11.02

ジャガーのサルーン「XF」が、2019年モデルになりました。最高出力300psの「300スポーツ」、スポーツブレークには「Rスポーツ」「ディーゼル4駆」が加わりました。

もくじ

XF 2019年モデルとは
XF 2019年モデル 詳細
XF 2019年モデル 価格/ラインナップ

XF 2019年モデルとは

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリー・サルーン「XF」の2019年モデルを発表した。

2019年モデルでは、新グレードを追加し、全17機種に拡充。また、「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「プロテクト」「Wi-Fiホットスポット」など、近年需要が高まっているスマートフォンと連動するコネクティビティ機能と、意図せず車線から逸脱しそうになると、自動的にステアリングを制御してクルマを車線内に戻す「レーン・キープ・アシスト(LKA)」を全グレードに標準装備している。

新たに追加となったグレード「300スポーツ」は、2.0ℓ直4インジニウム・ターボチャージド・ガソリンの最高出力を300psまで引き上げたモデル。

エクステリアは、グリルサラウンドや、サイドベント&シル、ミラーキャップなどをダークサテングレーで統一。インテリアにはスタイリッシュなイエロー・コントラスト・ステッチを採用したほか、「300スポーツ」専用ロゴをトレッドプレートやステアリングホイール、ヘッドレストなどに配した。

また、「XFスポーツブレイク」は、これまで「プレステージ」グレードのみの展開だったが、新たに「Rスポーツ」を追加。さらに2.0ℓ直4インジニウム・ディーゼル・エンジン車が全輪駆動(AWD)モデルを選択できるようになった。

関連テーマ

 
最新国内ニュース