BMW Z4 sDrive 35is

公開 : 2013.04.19 15:37  更新 : 2017.05.29 18:00

■どんなクルマ?

第2世代となるE89型のZ4ロードスターがBMWのラインナップに加えられてから4年。はじめてのフェイスリフトが施された。

よりエッジの効いたバンパー、新しいクローム・トリムが与えられたサイド・ベント、標準で17インチのニュー・デザインのホイール(テスト・モデルはオプションの19インチ・ホイールが履かされていた)などが新しいそうび。また、フロント・グリルとヘッドランプも新しくデザインし直された。しかし、フロント・グリル内部の灰色のスタイロフォームがそのまま見えるのはいただけない。クローズアップされた時に、そこには高級感も何も無くなってしまう。

■どんな感じ?

Z4 sDrive35isに搭載される3.0ℓの6気筒ターボ・エンジンは、従来のモデルに搭載されたものと何ら変わっていない。たっぷりとしたロー・エンド・トルクを持ち、必要に応じてパワーをデリバリーしてくれるもので、非常に素晴らしいユニットである。回転を上げると、気持ち良いサウンドがドライバーに伝わってくる。

そのパワーは335bhp。ライバルである3.4ℓフラット6を搭載するポルシェ・ボクスターSより20bhp多いパワーは、7速デュアル・クラッチとの組み合わせで0-100km/h加速が0.3秒速い4.8秒をマークする。

ドライブ・フィーリング自体は、マイナーチェンジ前のZ4とまったく同一。バランスのとれたRWDであり、DSCをオフにすればパワー・ドリフトも可能だ。ひどい凹凸のある路面では、さすがにショックを伝えるが、ほとんどの場合、その乗り心地は良い。

弱点は速度に敏感過ぎるエレクトロ・メカニカル・アシストのステアリングだ。このステアリングは、重さは適切なのだが、一貫性が欠如している。特にセンター付近ではダイレクト感に欠けるものだ。

■「買い」か?

マイナーなリフレッシュだ。そのため、このマイナーチェンジによってZ4が新しい顧客を得ることはないだろう。

BMWの目は、既に新しい第3世代のZ4に向いているのかもしれない。その新しいZ4は2016年にデビューする予定だ。

(グレッグ・ケーブル)

BMW Z4 sDrive 35is

価格 45,795ポンド(690万円)
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 4.8秒
燃費 11.1km/ℓ
CO2排出量 210g/km
乾燥重量 1525kg
エンジン 直列6気筒2979ccターボ
最高出力 335bhp/5900rpm
最大トルク 51.0kg-m/1500rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ

関連テーマ

 
最新試乗記