ジープ・グランドチェロキーSモデル 日本未導入車がベース リミテッド/サミットの中間

2018.12.20

サマリー

ジープのフラッグシップ車に限定モデルが登場。「グランドチェロキーSモデル」は、日本未導入の「オーバーランド」をベースにしています。画像14枚をご覧ください。

1/12〜発売 「S」とは?

FCAジャパンは、ジープ・グランドチェロキーに、限定車「Sモデル(エス・モデル)」を設定し、2019年1月12日から限定販売する。

当限定車のモデル名であるSモデルの「S」は、グランドチェロキー・シリーズの上級モデル「サミット」、ならびに高性能モデル「SRT8」の頭文字に由来するもの。各モデルの特徴的なデザイン要素を採り入れるとともに、充実した装備を兼ね備えた質感の高いモデルとしている。

フロントフェイシアには、「サミット」の特徴である3分割タイプのロアグリルやアクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディ同色フロントバンパーを採用。さらに、ブランドバッジなど随所に施されたグラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツや、「SRT8」と共有デザインとなるブラックルーフレールを装備し、洗練されたスタイリングを実現した。

ベースモデルは、本国で「リミテッド」と「サミット」の中間に位置する日本未導入車種「Overland(オーバーランド)」。

20インチ・アルミホイール、ナッパレザーとスエードを組み合わせた上質なシート、レザー仕立てのインストルメントパネル&レザードアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドを用いたインテリアアクセントなど、数々の装備によりプレミアムな雰囲気を演出している。

また、前後席の開放感を高めるデュアルペイン・パノラミックサンルーフが特別装備されており、すべての乗員がくつろげる室内空間としたのも特徴だ。

 
最新国内ニュース

人気記事