22年ぶり ボルボ・カー・ジャパン、2万台達成 日本における2018年新車受注

2018.12.21

2018年。ボルボの日本国内の受注が、2万台超えを達成しました。これは、1996年以来、22年ぶりとなります。「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したXC40は4000台以上のオーダーを受けました。

XC40 4000台以上を受注

ボルボ・カー・ジャパンの2018年の新車受注台数が2万台を超えた。新車受注台数が年間2万台を超えるのは1996年以来22年ぶりであるという。

2018年の受注台数増加の要因として、V40シリーズをはじめとする既存モデルの安定した売れ行きに加えて、「2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したXC60(受注台数:3241台)、3月に発売し「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したXC40(受注台数:4259台)、さらに9月発売の新型V60(受注台数:1371台)が加わったことが挙げられる。

近年の同社の国内受注台数は下記の通り。

2014年:1万2376台
2015年:1万3566台
2016年:1万4592台
2017年:1万6394台
2018年:2万台達成

とくにXC90が発売された2016年以降、デザインやプラットフォームを一新した新世代モデルの売れ行きが好調なことがよく分かる。

 
最新国内ニュース