試乗 ヒュンダイi30ファストバックN 274ps 低価格/低いルーフ以上の魅力

公開 : 2019.01.31 10:10  更新 : 2021.03.05 21:37


どんな感じ?

ハッチバックより若干柔らかいファストバック

ファストバックNの場合、ハッチバックNとは電子制御プログラムのチューニングが異なり、サスペンションにも改良が加えられている。リアサスペンションは設計が見直され、フロントはスプリングレートとアンチロールバー、ブッシュやバンプストッパーの硬さなどの調整が図られている。最も簡単に表現するなら、i30ハッチバックのフロントサスペンションより、ファストバックの方が若干柔らかくなっている。

これは、水平・垂直方向の剛性を上げつつ角を取り、洗練されたキャラクターを目指しているためだ。クルマに乗ってみると、かなりマイナーながらも、着実な目的を掲げてアップデートされていることがわかる。一方で、ファストバックNを運転した感覚としては、95%は兄弟モデルのハッチバックと同じ印象を受けるだろう。

ハッチバックよりやや車高が下げられ、低くなったルーフに頭をかがめるようにして運転席へ腰掛けると、車内には鮮やかに着色されたパーツが散りばめられていることに気づく。シートには赤い糸でステッチが入り、赤い装飾パネルがダッシュボードで映える。i30ハッチバックNのオーナーも欲しいと思うポイントだと思う。着座位置もハッチバックよりやや下げられているが、はっきり気付くほどではない。操作系のレイアウトは適正だが、ヒール・トゥをするには少しブレーキペダルとアクセルペダルの間隔が広すぎる。

後ろを振り返ってみると、ファストバック・ボディだけあって、ハッチバックの後部座席よりもヘッドルームはやや削られている。180cmを超えるような大柄の大人には、窮屈に感じられるはず。しかしラゲッジスペースは450ℓにまで広げられ、大きく開くリアハッチのおかげで、荷物の積み降ろしも容易だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ヒュンダイの人気画像