ジネッタ、秘密のスーパーカー フェラーリ/アストンに対抗 AUTOCAR独占取材

公開 : 2019.02.05 06:10

自然吸気V8は6.0ℓ

ジネッタの新型スーパーカーは今年後半から販売が始まる見込みである。超軽量なカーボンファイバー製タブ型シャシーに、カーボン製のアウター・パネルと先進的なエアロダイナミクス・パッケージを組み合わせたこのクルマは、すべてガーフォースにある同社の敷地内で設計されたものだ。

価格についてはまだ決定されていないが、おそらくマクラーレンやアストンの最高性能シリーズのモデルと同程度になるだろう。

新たなジネッタの作品は、専用に開発された超コンパクトなアルミ削り出しブロックを持つ6.0ℓ自然吸気V8エンジンを搭載。そのパワーはジネッタが英国のトランスミッション・メーカーの協力を得て自社開発したシーケンシャル・パドルシフト・ギアボックスを介して後輪を駆動する。

エンジンは設計も製造も全てジネッタの技術者達によって行われ、さらに独自設計されたスロットル・ボディが組み合わされている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事