ベンツ新型Aクラス(クリーンディーゼル車) A200d日本導入 メルセデス小型車初

公開 : 2019.03.26 17:00

ASCを備えるSCR

OM654qは、従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒を増設。その結果、欧州で2020年から施行予定の、EURO6d規制や、ステージ2RDE(実路走行試験)規制に前もって適合する環境性能が確認されている。

シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとして、全長をコンパクトにまとめたシリンダーブロックは軽量化のためにアルミニウム製となっている。一方でピストンはスチール製となり、熱膨張率の異なる素材を採用することで40%以上摩擦を低減。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工を施した。

排出ガスの浄化システムはエンジンに近接し搭載されたことで、排出ガスの温度低下による浄化効率の低下を抑制。ターボチャージャーから出た排出ガスは、まず酸化触媒へ送られた後、AdBlue®を添加。下流のsDPFで粒子状物質の捕集と窒素酸化物の低減を行った後、SCR触媒でさらに窒素酸化物の処理を行う。その後、新たに追加されたSCR触媒で、窒素酸化物の低減を行う。

これと同時に、余剰のアンモニアを処理するアンモニアスリップ触媒(ASC)により、排気温度が低い場合や、運転状況が急激に変化した場合にもアンモニアの外気中への放出を防ぐことができる。

メルセデス・ベンツA200dの価格は399万円。納車は6月頃を予定している。

関連テーマ

人気テーマ