ジープ・グランドチェロキー、100台だけの限定導入「トレイルホーク」 電子制御式LSD

公開 : 2019.04.04 18:35

本日4月4日は「4×4day」。ジープのニュースが続きます。グランドチェロキーのオフロード性能を強調した限定車「トレイルホーク」が、100台限定で日本に導入!

クォドラドライブII 4×4搭載

FCAジャパンは、ジープのフラッグシップとなる「Grand Cherokee(グランドチェロキー)」に、限定車「トレイルホーク」を設定し、5月18日(土)に、100台限定で発売する。グランドチェロキー・トレイルホークは、プレミアム性とオフロード性能を併せ持つ、“本格オフローダー” としての側面を強調したモデルだ。

メカニカル面では、リアアクスルに電子制御式LSDを搭載した「クォドラドライブII 4×4システム」を搭載し、滑りやすい路面でも優れたトラクションを発揮。また、急勾配路を一定の低速で安定して上ったり、下ったりできるセレクスピード™コントロールを装備し、慎重なアクセル・ブレーキが要求される状況において、ドライバーの運転操作をサポートする。

エクステリアは、トレイルホーク専用のナチュラルグレーをアクセントとしたブラックグリルやフォグランプベゼル、ドアミラーカバー、マットブラックボンネットデカールにより、精悍さをアップ。また、オフロード走行時にボディ下部を保護するスキッドプレートを4箇所に装備するほか、レッドカラー仕上げの牽引フックや専用18インチ・アルミホイールなどにより、機能性も兼ね備えたタフなルックスを演出している。

内装は、ブラックを基調にレッドステッチをあしらったインテリアトリムや、TRAILHAWKロゴ入りレザーシートにより、上質な空間に仕立てた。

なお、運転支援装備は「Limited(リミテッド)」に準じており、アダプティブクルーズコントロール(STOP機能付き)やクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報、LaneSense™車線逸脱警報プラスなどを備える。また、エアサスペンションを搭載し、優れた乗り心地と悪路走破性を両立した。

ボディカラーは2色展開。グラナイトクリスタルメタリックC/Cが80台、ダイアモンド ブラッククリスタルP/Cが20台。価格は630万円だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事