海外試乗

2019.01.08

メルセデス・ベンツGクラス ディーゼル「G350d」に試乗

メルセデス・ベンツG350d

編集部より

メルセデスの新型Gクラスのディーゼル仕様、G350dに試乗しました。シリーズ最高出力を発揮するディーゼルエンジンによる力強さと、クルーザーとしての性能向上により、メルセデスを象徴するSUVはさらに進化しています。

もくじ

どんなクルマ?
価格に見合った魅力
見た目変わらず、中身は刷新

どんな感じ?
クルーザーとしての新しい魅力
高い重心を感じさせる

「買い」か?
穏やかになり日常に溶け込めるGクラス

スペック
メルセデス・ベンツGクラス G350dのスペック

どんなクルマ?

価格に見合った魅力

このクルマはひときわ目立つが、分別あるモデルと言えるだろう。

なぜ分別があるのかといえば、それは燃費が最もよく、それでいて最も安価なGクラスだからだ。とはいえGクラスだから、その古風な趣でことさらに目立つのは当然だ。しかも、ほとんどの人にとってはオーバーデューティーで高価すぎる。今回試乗したモデルは、10万ポンド(1412万円)ほどで、ほかのライバルたちにとってはトップグレードの価格帯だ。

しかしスペックをじっくりと見れば、この価格にも納得できるようになる。われわれはすでに新型GクラスのフラッグシップモデルたるAMGの試乗を済ませており、繰り返しになる内容もあるだろうがご容赦いただきたい。

メルセデスは長い間、Gクラスというブランドの象徴をアップデートして守り続けてきたが、AMGはその過程で常に困難と戦ってきた。

オリジナルの感覚を守ろう(ランドローバーがこだわっている点だ)とサスペンションの設計には多くの要求が突きつけられ、担当者は眠れない日が続いたことだろう。結果として、アプローチアングルなどは先代よりも拡大しているだけでなく、実用性の面でも改善が図られている。しかし、見た目は相変わらずGクラスのままだ。

next page見た目変わらず、中身は刷新

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ