ディフェンダーの「精神的後継」 BMWがエンジン供給 2021年欧州販売

公開 : 2019.04.08 11:50

生産場所は未発表

BMW製のパワートレインを搭載することは発表されたが、その仕様についてはまだ明らかにされていない。次の発表は、このモデルがどこで生産されるかということについてのものになるだろう。

最も多くの需要が見込める英国内で生産されることになっており、イネオスは既存の生産工場を使う可能性を否定していないが、ホンダのスウィンドン工場では大きすぎるし、フォードのブリジェンド工場は車両を生産する準備が整っていない。

いずれにせよ、販売目標である2万5000台を超える生産能力を有する工場になることは間違いないとテナントは言う。

プロジェクト・グレナディアによる製品の正式な名称は、一般公募によって今年夏に決まる予定だ。このクルマはイネオス自身で設計と生産を行う鉄製ラダーフレームに、アルミニウム製ボディパネルを組み合わせたものになる。

前後にソリッドアクスルを備え、フルタイム四輪駆動によってクラス最高のオフロード走破性を目指す。一方でオンロードのパフォーマンスについても保証するという。

車両の開発は、ドイツのエンジニアリング会社MBテックが請け負っている。同社の150〜200名のエンジニアがフルタイムで開発に取り組み、さらに40〜50名のイネオスのエンジニアがこのプロジェクトに没頭しているという。昨年6月には最初の試験車両が製作され、オーストリアのアルプスでテストを行っている。

 

人気記事