アストン・マーティンCC100をニュルブルクリンク24時間で発表

公開 : 2013.05.18 19:00  更新 : 2017.06.01 01:53

アストン・マーティンは今週末に行われるニュルブルリンク24時間レースで、V12ヴァンテージをベースにしたCC100を発表する予定だ。このCC100は、現代的スタイルを持つが、アストン・マーティンのボス、ウルリク・ベッツはDBR1にインスピレーションを受けたモデルだと、ジュネーブ・モーターショーでAUTOCARに話した。

アストン・マーティンは会社創立100周年を祝うモデルでもあり、1959年のニュルブルクリンク1000kmレースでのスターリング・モスの勝利を祝うモデルでもある。今年のニュルブルクリンク24時間では、DBR1にモスが乗ってパレードを行う予定だ。

その公式な価格は明らかにされていないが、£330,000(5,160万円)のV12ザガートと、£1,400,000(2億2000万円)のOne-77の間になるとベッツは仄めかした。

また、アストン・マーティンは8月にカリフォルニアで行われるペブルビーチ・コンクール・デレガンスに、更に2台のコンセプト・モデルを発表する予定だ。そのモデルは、今年の終わりに発売が開始されるという。

関連テーマ

人気テーマ