試乗 メルセデス・ベンツVクラス・マルコポーロ タイヤの付いた高級ホテル

公開 : 2019.05.04 16:16

どんな感じ?

魅惑的な2ベッドルーム兼LDK

車内は広々で、狭いと感じることはまずないだろう。全長は5m以上もあり、ホイールベースは3.2mに達する。高めのドライバーズシートへよじ登ると、その背後に広がる豊富な装備類に、思わずため息が出るはず。

シートは4名分が確保されているが、リアシートを折りたためばダブルベッドへと変化する。さらにポップアップルーフを持ち上げることで、2階としてもう1室、ダブルベッドの備わるベッドルームが生まれる。キッチンもフルサイズと呼べる内容で、2口のガスコンロにシンク、冷蔵庫に不足のない食器棚や収納スペースが用意されている。大食漢でも心配はいらなそうだ。

リビングルームとしても極めて快適で、正直下手なホテルや寄宿舎などより遥かに魅惑的な空間が設えられている。しかも窓からの借景はクルマを停めた場所次第。クルマとのライフスタイルを視覚化する手法も無限大と呼べる可能性を秘めているから、広報の写真にはブロンドヘアのカップルがギターやサーフボードを抱えて登場している。

といっても、この内容はフェイスリフト前のマルコポーロでもほぼ同じではある。新しくなったといっても、元が凄いから、それほど大きな変化はない。新しいデザインが施された内装に、フロントマスクのスタイリングが変更を受け、ボディカラーのバリエーションが増えた程度。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×