2013 F-1 第6戦 モナコ・グランプリ

公開 : 2013.05.27 11:16  更新 : 2017.06.01 01:54

ニコ・ロスベルグがモナコ・グランプリの長い歴史の中で初めてメルセデス・ベンツに勝利をもたらした。また、それと同時に、30年前に彼の父、ケケ・ロズベルグのモナコ・グランプリでの勝利と合わせて、親子でこの有名なストリートレースを制したことになる。

予選では、ニコ・ロスベルグ、ルイス・ハミルトンというメルセデス勢が1-2。それにセバスチャン・ベッテル、マーク・ウェーバーというレッドブル勢が2列目。そしてロータスのキミ・ライコネン、フェラーリのフェルナンド・アロンソが3列目というオーダー。フェラーリのフェリッペ・マッサはマシン・トラブルで予選出場ができず最後尾からのスタートとなった。

予選では時たま雨の降る天候だったが、明けて日曜日の決勝は完全なドライでのレースとなった。オープニング・ラップは、ロズベルグ、ハミルトンというメルセデス勢が1-2。続いてベッテル、ウェーバー、ライコネン、マッサという予選通りのオーダー。DRSもあまり有効ではなく、追い越しの難しいモンテカルロの市街地コースのため、トップはしばらくそのままで周回を重ねる。

31周目、マッサが1コーナーでクラッシュ。ここでセーフティカーが入る。このタイミングを狙って32周目、トップ勢がファースト・スティントを終えて、タイヤ交換のためのピットイン。ここで、ハミルトンが順位を落とし、トップ10のオーダーは、ロズベルグ、ベッテル、ウェーバー、ハミルトン、ライコネン、アロンソ、バトン、ペレス、スーティル、ベルニューに。

トップ勢はそのままのオーダーで周回を重ねるが、46周目、マルドナードのクラッシュでレースは赤旗中断される。

レース再開後も、トップ勢のオーダーは変わりなかったが、赤旗中断寸前でペレスにパスされたフェラーリのアロンソは、57周目にはスーティルにパスされ8番手にまで順位を落とす。70周目、6位にまで順位をあげていたペレスが、ライコネンと接触、ライコネンはパンクのためピットイン。これで圏外に。またペレスもその4周後にマシンをコース脇に止めることになる。

これで順位は、ロズベルグ、ベッテル、ウェーバー、ハミルトン、スーティル、バトン、アロンソ、ベルニュ、ディ・レスタ、ライコネンのオーダー。結局そのままレースはフィニッシュした。

ペースカーが入ったり赤旗中断があったものの、結局ログベルグはポール・トゥ・ウィンの勝利をあげ、ハミルトンが表彰台を逃した結果、レッドブル勢が2位と3位のポジションを得ることとなった。

第6戦モナコ・グランプリ結果

1 ニコ・ロズベルグ メルセデスAMG
2 セバスチャン・ベッテル インフィティ・レッドブル
3 マーク・ウェーバー インフィティ・レッドブル
4 ルイス・ハミルトン メルセデス
5 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
6 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
7 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
8 ジャン・エリック・ベルニュ トロロッソ・フェラーリ
9 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア・メルセデス
10 キミ・ライコネン ロータス・ルノー

ワールド・チャンピオンシップ・ポイント

107 セバスチャン・ベッテル インフィティ・レッドブル
86 キミ・ライコネン ロータス・ルノー
78 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
62 ルイス・ハミルトン メルセデス
57 マーク・ウェーバー インフィティ・レッドブル
45 フェリッペ・マッサ フェラーリ

関連テーマ

人気テーマ