英国の車検制度(MOT)改正 自動車の進歩、検査はより厳格に その影響は?

公開 : 2019.06.09 09:50

番外編1:さらなる進化を模索中

MOTテストを所管しているDVSAでは、各検査施設を既存のインターネット回線で繋いだ車両遠隔検査システムの導入を検討している。

DVSAでMOT政策トップを務めるニール・バーロウは、「既存の検査施設とDVSAのシステムを接続しようとしています。これから2週間で、ある検査施設のブレーキ試験装置からのデータ追跡試験を行う予定です」と、計画の概要を説明する。

「今年後半には、他の検査施設にある排ガスとヘッドライトテスト装置を接続する予定であり、さらに、警告灯や、ブラインドスポットモニタリング、トラクションコントロールといった安全装置など、他にもこの方法は適用できると考えています」

「計画どおりに進めば、テストを行うための高価な試験装置が導入できない検査施設にとって、DVSAが新たなリソースを提供できるようになるのです」

「さらに、DVSAにとっても、不正の発見が容易になるというメリットがあります。6万人の検査官がいますが、いまのところ、年間数百件ほどのケースしか摘発することが出来ていません。より良いモニタリング方法を構築することができれば、この数字は増えるだろうと考えています」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事