試乗 ディーゼルが追加 三菱エクリプス・クロス ガソリンとの差/悪路走破性を評価

公開 : 2019.07.25 17:40  更新 : 2019.07.25 19:39

オフロードの走破性 試してみると

ディーゼル車限定の走行性能ではないが、この試乗では本格オフロードでのエクリプス・クロスの実力も試せた。ちなみにS-AWCの走行モードはオート/スノー/グラベル(ダート)の3モードで、デリカD:5やアウトランダーには設定される悪路踏破に特化したロックモードは設定されていない。

最低地上高も175mmであり、スペックだけ見れば「オフロードは嗜む程度で」とも思えてしまうが、多少の深入りも無問題である。

パッと見には表面が乾いているが、雨上がりのダート路。しかも所々に剥き出しの岩やぬかるみ。コースにはすり鉢やモーグルのハードクロカン向けステージも設定される。

案の定、ノーマルタイヤは濡れた岩肌ではまともなグリップは出ない。それでも適宜介入する電子制御LSDが利いて無事に踏破。モーグルも同様であり、それほど神経質なスロットルワークを用いなくてもクリアできた。

ホイールスピンを押さえようと細かなペダルコントロールを行えばさらにスムーズにこなしてくれる。

強いて難点を挙げるなら降坂制御がないこと。滑りやすい急降坂では便利な機能である。マニュアルシフトで1速選択、後はブレーキのペダルコントロールで降りる。

泥濘降坂ではABSが頻繁に介入するが、チョイ緩めてABS解放後緩やかな踏み増し、といったコントロールで難なく降坂完了。方向の乱れが少ないので差ほどの緊張もない。

降坂制御があればもっと安心だろうが、無くても不安を感じることはなかった。アウトドア趣味にのめったユーザーでもこのくらいの悪路踏破性があれば余裕だろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事