試乗 ディーゼルが追加 三菱エクリプス・クロス ガソリンとの差/悪路走破性を評価

公開 : 2019.07.25 17:40  更新 : 2019.07.25 19:39

ディーゼル、どんなユーザーに最適?

エキセントリックなスタイルだが大人の4名乗車にも十分な室内。後席からの見晴らしも同クラスのSUVでは良好である。

後席にはスライド&リクライニング機能を備えているので乗車人数と積載荷物量のアレンジもしやすい。

4.4m強の全長なら込み入った市街地の取り回しで苦労することもない。スペシャリティ志向のコンパクトSUVでは実用的な設計だ。

そこに大トルクのディーゼルが加われば、街乗りも遠出も、さらには悪路もこなすオールラウンド性能も1ランクアップ。大型のレジャーグッズやスポーツギアの積載を前提にしなければタウン&レジャーに最適。ポストファミリーが余暇と余生を楽しむにもいい。この点では冒頭で述べたRVRの後継車にも位置付けられる。

気になるのは価格だ。ターボ車の同グレードとの価格差は約30万円。差額は納得できるが、スペシャリティ志向のSUVはいずれも高めの価格設定。エクリプス・クロスも例外ではなく、約306万円からの設定。最上級グレードのGプラスパッケージでは約340万円。ちなみにアウトランダー4WD(2.4ℓ)のGプラスパッケージは約335万円である。

つまり、経済性と実用性を優先したダウンサイザーにはコスパはイマイチなのだ。

エクリプス・クロス・ディーゼルが最適なのはダウンサイジングを前提に、実用性や走行性能の余裕あるいは汎用性をレベルダウンしたくないというユーザー。アウトランダーなどのファミリー&レジャー向けの実用的SUVからのダウンサイジングを考えているならぴたりと嵌る。

夫婦で多様なプライベートライフを楽しみたいと思えばディーゼルはエクリプス・クロスの魅力を倍増するアイテムと言えよう。

三菱エクリプス・クロス・ディーゼルのスペック

価格:340万円
全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費(JC08):15.2km/ℓ
燃費(WLTP):14.2km/ℓ
CO2排出量:182g/km
車両重量:1680kg
パワートレイン:直列4気筒2267ccターボ
使用燃料:軽油
最高出力:145ps/3500rpm
最大トルク:38.7kg-m/2000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事