実車 BMW M2 CS M2コンペティションとの違いは? LAモーターショー2019

公開 : 2019.11.21 11:54

BMW M2 CSの実車が、ロサンゼルスモーターショー2019にて発表されました。2018年に公開されたM2コンペティションより、サーキット重視です。外装やスペックの違いをお伝えします。9万5000ユーロ(1140万円〜)。

M2 CS/M2コンペティションの違い

BMWは、M2 CSをロサンゼルスモーターショー2019で発表した。

M2 CSは、サーキットに重きを置いている。以前デビューしたM2コンペティションに比べると、CFRP(炭素繊維強化プラスティック)が多用されている点に注目。

M2 CS/M2コンペティションの違い。
M2 CS/M2コンペティションの違い。

また、ディフューザーやトランクに設置されるスポイラーなども大型化。いずれもダウンフォースを高めるためだという。

外装色は4色から選べる。ホイールは19インチの鍛造アルミ。マットゴールドに塗られる。

Mディビジョンが開発したS55エンジンの改良版を搭載。3.0Lのツインターボ直列6気筒エンジンはM4コンペティションと同等のチューニングを受ける。最高出力450ps/6250rpm。M2コンペティション+40psに到達する。

0-100km/h加速はMTモデルが4.2秒。デュアルクラッチATが4.0秒。最高速度は「Mドライバーズ・パケージ」を使用すると280km/hに達する。

M2コンペティションの0-100km/h加速は、MTモデルが4.4秒。デュアルクラッチATが4.2秒。最高速度は「Mドライバーズ・パケージ」を使用すると280km/h。つまり変わらない。

価格は9万5000ユーロ(1140万円〜)。

関連テーマ