【走りは、ベテランの味】グランエース試乗 価格/サイズ/内装/アルファードとの違いを評価

公開 : 2020.02.02 19:20  更新 : 2021.10.11 13:51

気になる大きさ/ディーゼル音は?

同乗者にとって快適なドライブには気遣いある運転が必要だが、その気遣いはドライバーへのストレスにもなる。

ところがグランエースはそんな神経質にならずとも、同乗者をもてなす走りができてしまう。つまりドライバーにも楽なクルマなのである。

タイヤ切れ角は45°を確保し最小回転半径は5.6m。アルファード(X以外)のガソリン車は5.8mだ。
タイヤ切れ角は45°を確保し最小回転半径は5.6m。アルファード(X以外)のガソリン車は5.8mだ。

さらに言えば、スペックを見ると身構えてしまうほどの車体寸法だが、高いアイポイントと開口が大きいウインドウグラフィックがもたらす下方視界のよさ、車両感覚を掴みやすいボクシーなスタイル、サイズの割に小さな最小回転半径(5.6m)のお陰で存外に取り回しもいい。

快適性のもう1つの要点、静粛性も好感触。エンジン騒音は商用系を意識させる音質だが、騒音量は低く抑えられ、急加速でも車内の雰囲気を壊すほどでもない。パワートレインが遠くにあるような感覚はエンジンルームからの遮音にこだわった設計の賜だ。

エンジンまわりが静かになれば目立ちやすいロードノイズだが、これは乗用車一般と比較しても静かな部類。サードシート乗員との会話も通りやすく、後席の会話もよく聞こえてくる。

2.7t超の車重と1BOX系最大級のサイズがかなり有利に作用しているにしても、快適性に対する設計陣の熱意を実感させる走りである。

後席へ 「プレミアム」の2/3列目

肝心の後席の居心地だが、高アイポイントと広々した見晴らしのハイデッカーミニバンとでも表したくなる視界は共通するものの、寛ぎの演出については3列6名乗りのプレミアムと4列8名乗りのGでは多少印象が異なる。

プレミアムの2nd/3rdシートは全席がアームレストで独立したキャプテンシート仕様。アル&ヴェルのエクゼクティブラウンジの2ndシート同等の贅沢な造りで、シート幅は多少広く感じられた。

3列目に乗り込むときは、2列目を前方にスライド。シート脇のレバーを引き上げれば手動で前後できるからVIPを待たせることはない。
3列目に乗り込むときは、2列目を前方にスライド。シート脇のレバーを引き上げれば手動で前後できるからVIPを待たせることはない。

アル&ヴェルと異なるのは左右席シートピッチ。室内幅の広さの違いが表れている。

なお、3rdシートは2ndシートよりも若干内側にレイアウトされる。ホイールハウスの影響だが、真後ろに位置しないのは開放感と前後席の会話しやすさにも好影響。

8人乗り 「G」は?

Gも2ndシートにはこのエクゼクティブパワーシートが採用されるのだが、3rdシートはリラックスキャプテンシート。4thシートは6:4分割チップアップのベンチシート。

3.4m近い室内長とはいえ、均等に座れるようにセットするとレッグスペースの余裕はなくなってしまう。

8人乗りの「G」の4列目をチップアップ。このまま前方にスライドさせれば荷室を大きく使える。
8人乗りの「G」の4列目をチップアップ。このまま前方にスライドさせれば荷室を大きく使える。

8名乗車ならアル&ヴェルの2ndベンチ仕様のほうが実用的である。4thシート収納が標準状態で、緊急時には8名にも対応可能程度に考えるべきだろう。

記事に関わった人々

  • 前田惠介

    Keisuke Maeda

    1962年生まれ。はじめて買ったクルマは、ジムニーSJ30F。自動車メーカーのカタログを撮影する会社に5年間勤務。スタジオ撮影のノウハウを会得後独立。自動車関連の撮影のほか、現在、湘南で地元密着型の写真館を営業中。今の愛車はスズキ・ジムニー(JB23)
  • 川島茂夫

    Shigeo Kawashima

    1956年生まれ。子どものころから航空機を筆頭とした乗り物や機械好き。プラモデルからエンジン模型飛行機へと進み、その延長でスロットレーシングを軸にした交友関係から自動車専門誌業界へ。寄稿していた編集部の勧めもあって大学卒業と同時に自動車評論家として自立。「機械の中に刻み込まれたメッセージの解読こそ自動車評論の醍醐味だ!」と思っている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

トヨタ グランエースの人気画像