【ベントレー4台で英国縦断2泊3日】ジュネーブ・ショー中止が生んだ旅 前半

公開 : 2020.06.23 10:20

開催直前に中止が決まった、2020年のジュネーブ・モーターショー。ベントレーはシーズン開幕を記念するグランドツアーを計画していましたが、旅も急遽変更に。総行程1300km以上に及ぶ、英国縦断ツアーとなったのです。

もくじ

ベントレー4台でスイスを目指すはずが
忙しなさが増すジュネーブ・モーターショー
急遽決まった1340kmの英国縦断旅行
滑走路を封鎖して250km/h以上を体験

ベントレー4台でスイスを目指すはずが

text:text:Steve Cropley(スティーブ・クロップリー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
プランはシンプルだった。英国からベントレー4台を連ねて、2020年のジュネーブモーターショーを目指す。ボディタイプは、サルーンとSUV、コンバーチブルにクーペと個性豊か。

英国のケント州からスイスのジュネーブまで、8名のジャーナリストが交代でドライブし、2020年のモーターショー・シーズンの幕開けを記念する旅。2名1組のペアを組み、クルー製の最新モデルを優雅に味わう機会でもある。

 英国を縦断するベントレーの車群
英国を縦断するベントレーの車群

ラインナップは、SUVのベンテイガ・スピード、4ドアサルーンのフライング・スパー、グランドツアラーのコンチネンタルGT V8クーペ、コンチネンタルGTコンバーチブル。素晴らしい内容としか思えない。

出発地は、英国南西部のケント州に建つ中世の古城、リーズ城。集合は金曜日の夕方。ここからスイスまでは、1200kmほど。ジュネーブ・モーターショーは火曜日の開幕予定だから、スケジュールには余裕があった。

土曜日はフランスの邸宅で一泊し、日曜日にはアルプスの湖畔に面したホテルへ滞在。月曜日のプレ・オープニング・イベントへは、完璧なタイミングで到着する計画だった。本来は。

AUTOCAR英国編集部からは、編集長のスティーブ・クロップリーが参加した。夕食を楽しみながら、他のメンバーとの交流を深める時間も用意されていた。

しかし、ご存知の通り新型コロナウイルスの影響でモーターショーは中止。4台のフライングBは、プランBの実行へと移された。1340kmに及ぶ、当初のプランと同等のビッグツアーが急遽組まれた。

忙しなさが増すジュネーブ・モーターショー

数年前まで、ジュネーブ・モーターショーはライターにとって、ゆったり楽しめるイベントだった。クルマで会場へ向かい、1週間を通じて取材をし、記事にまとめる。難しいことはなかった。

ところが近年は、ネタ探しで忙しい。ビデオクルーはあちこちにいて、イザコザも絶えない。即時的に情報をリリースする競争は、加熱する一方。ライバルより10分早くニュースをサイトにアップできれば、大勝利といえる。

 英国を縦断するベントレーの車群
英国を縦断するベントレーの車群

インクに汚れた手で記事を書いてきた古株にとって、そんなインフルエンサーの競争に巻き込まれないようにすることは、1つの挑戦でもある。自分らしさは変えたくない。

もしかすると、スイスへの豪華な3泊の旅行は、少々過ぎた内容だったかもしれない。丸2日間も、ベントレーに浸ることができるのだから。

ベントレーはスタイリッシュな振る舞いが大好きだ。上等なお肉の前には、しっかり食欲を高めたいと考えている。豊かなライフスタイルをメディアを通じて表現し、ベントレーを理解してもらうためのグランドツアーが組まれていた。

ジュネーブ・モーターショーは開かれなかった。新型コロナウイルスの流行は止まらず、ショーの中止が決定したのは、開幕のわずか3日前だ。

すでに4台のベントレーには、ジャーナリストの荷物が積まれていた。メンバーの中の6名は、海外からの参加者だ。通常の自動車メーカーなら、とても悔いながら、旅の中止を決断しただろう。事実を受け入れ、8名を家へ戻したはず。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事