【詳細データテスト】 フォード・クーガ モーター制御に経験不足が明らか スポーツサスの乗り心地にも不満あり

公開 : 2020.07.04 11:50

購入と維持 ★★★★★★★★★☆

カンパニーカーとしてのクーガの人気は、税率の低さからPHEVに集中しそうだ。56kmのEV走行が可能なので、1週間は給油しなくても乗り続けられるだろう。

ただし、勤務中に充電しておける施設は必要だ。フルチャージに要する時間は、ウォールボックス経由なら3.3時間、通常のコンセントからなら6時間だ。

充電ポートは、給油口と同じ側のフロントフェンダーに設置。キャビン床下の14.4kWhバッテリーパックは、フォードが用意するElvi+ウォールボックス経由なら3.5時間でフルチャージできる。
充電ポートは、給油口と同じ側のフロントフェンダーに設置。キャビン床下の14.4kWhバッテリーパックは、フォードが用意するElvi+ウォールボックス経由なら3.5時間でフルチャージできる。

71.4km/Lという公称燃費を、当然ながら日々乗る中で実現することはまずできないだろう。しかし、まめに充電し続けて使えば、年間通してみるとかなり近い数字に驚きを覚えるかもしれない。

クーガのラインナップ全体をみると、エントリーグレードのゼテックでも標準装備は充実。スマートフォンのワイアレス充電器や革巻きステアリングホイール、クルーズコントロール、スポーツシートを備える。

とはいえ、プラグインハイブリッドはタイタニウム以上でないと選べない。その場合は、18インチホイールとデュアルゾーンエアコンもついてくる。

STラインかSTラインXを選ぶと、さらにハードなサスペンションなどのスポーティアイテムも追加される。ただし、それらはどうしてもほしいというようなものではなかった、というのが正直な感想だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事