【見逃せない万能主義車】アウディRS7スポーツバックへ試乗 V8ツインターボ

公開 : 2020.07.04 10:20

599psのツインターボV8エンジンに、スリークなクーペボディをまとった最新のRS7。大きなボディが気になるものの、グランドツアラーとしての訴求力を評価する英国編集部。最新版を英国の一般道で試乗しました。

599psと81.4kg-mを生み出すツインターボV8

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
大きく膨らんだフェンダーラインに、シャープで鋭い目つき。アグレッシブなデザインが、秘めた性能を示唆するようだ。

ライバルのハイパフォーマンス・サルーンとは、一味違う印象を与えるRS7スポーツバック。599psと81.4kg-mを生み出す、ツインターボV8エンジンを搭載した高性能モデルであることには違いない。0-100km/h加速は、3.6秒でこなす。

アウディRS7スポーツバック・カーボン・ブラック(英国仕様)
アウディRS7スポーツバック・カーボン・ブラック(英国仕様)

滑らかなドイツのアウトバーンのために生まれた、グランドツアラー。英国の継ぎ接ぎだらけの路面でも、そのイメージは崩さない。

アウディRS7を、エッジの効いた現代のスーパーサルーンと差別化させるのが、日常の足としても扱いやすいこと。確実な走行性能と、普段遣いの親しみやすさを兼ね備えている。目的地までの、没入するようなスリリングなドライビング体験と同じくらいの水準で。

それは、以前からアウディ・スポーツが掲げるテーマでもある。自車の前方がガラ空きなことはほぼない、今どきの交通事情。RS7のアプローチは、多くのドライバーが歓迎するものに違いない。

現実世界のドライバビリティを高めるため、最新のRS7スポーツバックには、少なくない改良が施された。RS7としては初めて、電圧48Vによるハイブリッド・システムを採用。巡航走行時には4気筒を休止させるシステムも搭載し、燃費を改善させ、CO2の排出量を削減している。

長いホイールベースを実質的に短くする、後輪操舵システムも備える。全長5.0mもあるアルミニウムと鉄の車体を、狭い駐車場へも簡単に導いてくれる。

高級エグゼクティブ・サルーンのように

先代同様、RS7にはサスペンションの選択肢が2つある。前後ともにマルチリンク式で、標準では車高調整が可能なエアサス。試乗車には、オプションのスチールコイルにアダプティブ・ダンパーが組み合わされていた。

ホイールもオプションとなる22インチ。タイヤはとても肉の薄い、285/30サイズのピレリPゼロ。オンロードでの乗り心地に、不安を抱くサイズであることは確かだ。

アウディRS7スポーツバック・カーボン・ブラック(英国仕様)
アウディRS7スポーツバック・カーボン・ブラック(英国仕様)

しかし、心配不要。燃費が8.0km/L前後に留まることを除けば、RS7は日々の移動手段として、高級なエグゼクティブ・サルーンのように運転できる。段差には注意が必要だけれど。

引き締められたサスペンションと大径ホイールは、路面の凹凸に伴う振動を吸収するのは得意分野ではない。それでも、RS7スポーツバックは快適だ。

アダプティブ・ダンパーをコンフォート・モードにすれば、高速道路での長距離ドライブも、至って平穏な時間にしてくれる。初期状態のままスキルが試されるような一般道を攻めても、巧みな姿勢制御と最小限の振動で、滑らかに駆け抜けてくれる。

ダンパーを最も硬いダイナミック・モードへ切り替えれば、乗り心地は落ち着かなくなる。路面状態がそのまま車内へ届くかのような上下の揺れは、このモードの選択を思い留ませるほど。

カスタマイズ可能な、RS1とRS2というドライブモードも付いている。ダンパーやエンジン、ステアリング、デフとスタビリティコントロールの設定を、ドライバー好みに設定できる。厳しくすることも、穏やかにすることも、思いのままだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事