【詳細データテスト】 フォード・クーガ モーター制御に経験不足が明らか スポーツサスの乗り心地にも不満あり

公開 : 2020.07.04 11:50

使い勝手 ★★★★★★☆☆☆☆

インフォテインメント

クーガのインフォテインメントシステムは、フォードの最新デバイスであるSync 3。従来のSync 2ソフトウェアに馴染んでいると、やや新奇に思えるところがある。とくに、STライン以上では12.3インチ画面を用いたデジタルメーターパネルとの組み合わせになるので、よけいに目新しい。

インフォテインメント用ディスプレイは8.0インチのタッチ式で、ダッシュボード上部にこれ見よがしなくらい突き出している。だが、そのすぐ下には実体スイッチが並んでいるので、素早いアジャストも容易だ。

Sync 3インフォテインメントシステムは、8.0インチのタッチ式ディスプレイを装備。Apple CarPlayとAndroid Autoは、車両側ディスプレイを介して操作できる。
Sync 3インフォテインメントシステムは、8.0インチのタッチ式ディスプレイを装備。Apple CarPlayとAndroid Autoは、車両側ディスプレイを介して操作できる。

プレミアム系でないSUVのなかでは、このシステムはよくできているといえるが、ベストといえるほどではない。メニューは、期待したほど先進的ではなかった。操作性では、マツダCX-5にあるようなダイヤル式コントローラーに軍配が上がる。

それでも、少なくともApple CarPlayとAndroid Autoは、いちいちスマホを手にしなくても、車両側ディスプレイを介して操作できるようにはなっている。

オーディオは、タイタニウム以上のグレードでは、バング&オルフセンのプレミアムサウンドシステムが装備される。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事