【高級EVサルーン】アウディA9 eトロン 新しい電動フラッグシップモデル 2024年発売 欧州

2020.07.12

サマリー

アウディが、アイコン・コンセプトをベースとした、新しいA9 eトロンを2024年に発売します。各分野の専門家からなる社内グループ「アルテミス」によって開発され、最先端の技術を搭載した高級電動サルーンとなるそうです。

もくじ

新しいA9 eトロン
アルテミス・ワーキンググループ
ブランド全体に新しいテクノロジーを導入
迅速で俊敏な開発プロセスを開拓

新しいA9 eトロン

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)

アウディは、社内のワーキンググループ「アルテミス」によって開発された、新しいフラッグシップモデルで、高級EVモデルのトップを目指す。

「2024年に発売予定の、高効率の電気自動車」と言われている最先端のアウディ・モデルは、2017年のフランクフルト・モーターショーで展示された「アイコン」コンセプトをベースとしている。

アウディ A9 eトロン AUTOCARイメージ図
アウディ A9 eトロン AUTOCARイメージ図

新しいフラッグシップ電動モデルは、間もなく発売されるメルセデス・ベンツEQSおよび、ジャガーXJの直接のライバルとなる。

最新の電動ドライブトレイン、バッテリーセル、自動運転技術、Car-to-Xコミュニケーション機能の拡張版、オーグメンテッド・リアリティ、無線アップグレードなどの5G接続機能を備える。

社内のコードネームE6で呼ばれる新しいモデルは、開発の初期段階にあり、スポーツサルーンまたはリフトバックとなると言われている。

現行A7と同等のエクステリア・サイズを持ちながら、より大きなA8のインテリアスペースを提供すると言われており、A9 eトロンと名づけられるとの情報もある。

この新しいモデルは、アウディ、ベントレー、ランボルギーニ、ポルシェ、セアト、シュコダ、フォルクスワーゲンを含む、VWグループ・ブランドが計画する電化戦略の一環として発売される。

この戦略には、600億ユーロ(7兆2943億円)が投資され、2029年までに最大75のEVモデル、および60のプラグイン・ハイブリッドの投入が計画されている。

アウディは、研究開発費予算の370億ユーロ(4兆4977億円)のうち、120億ユーロ(1兆4583億円)を投入し、2024年末までに、最大20のEVモデルと、10のプラグインハイブリッド・モデルを発売することを明らかにしている。

 

人気記事