【楽しく上質な純EV】ポールスター2へ試乗 407psで航続距離469km 後編

公開 : 2020.07.15 15:20

コーナリングを楽しめる精度の高い操縦性

ステアリングのレシオ自体は良好。少しスピードを速めていくと、優れたグリップ力と、驚くほど引き締められた垂直方向の姿勢制御で、ポールスター2を積極的に操れる。コーナーでのボディロールも、重心位置の影響でほとんどない。

走りには好感触な緊張感があり、安全マージンも高い。コーナリングラインを高いスピードで狙え、粘り強い足まわりがしっかりと捉える。

ポールスター2(英国仕様)
ポールスター2(英国仕様)

タイヤのグリップ力にも優れる。アンダーステアやオーバーステアになることもなく、トラクション・コントロールが介入することもなく、コーナー出口でトルクを掛けていける。

ドライバーが望めば、これほどの車重を持つクルマでは考えられないような速度域で、ポールスター2を走らせることも難しくない。まとまりの良い、精度の高い操縦性が支えてくれる。

純EVに期待する静止状態からの加速も、テスラのように充分以上に鋭い。奇妙なほど滑らかで質感には乏しいものの、動的性能は漸進的で強力。何度も繰り返したくなる味わいはないかもしれないが、即時的にドライバーを楽しませてくれるだろう。

ポールスター社が生み出した新モデルの魅力を深く知るほど、ポールスター2に心が動くと思う。純EVとして、日常的な利用なら不足ない実用性も備えている。

望ましい楽しさと質感を備えた純EV

カタログ値で450kmほどの航続距離は、今回の試乗のように、ドライバーの運転次第では320kmくらいまで減る可能性はある。価格を考えれば、強みのある航続距離とはいいにくい。

しかし、ジャガーIペイスの航続距離も似たようなもの。多くのドライバーにとっては、充分な距離でもある。それでも、少しのチャレンジ精神がなければ、実際には手は出しにくいとは思う。

ポールスター2(英国仕様)
ポールスター2(英国仕様)

ドライバーズカーと呼べるだろうか。テスラのライバルとなる純EVだが、21世紀のボルボによる期待通りのクルマといえるだろうか。はっきり答えるのは、難しい。

ポールスター2を1日中試乗しても、明確な定義はしにくい。それでも、これまでで最も楽しさを感じられ、望ましい質感を備えた純EVだとはいえる。しばらく乗ってみて、はっきり感じた印象だ。

ポールスター2(英国仕様)のスペック

価格:4万6900ポンド(628万円/英国政府補助金適用後)
全長:4607mm
全幅:1800mm
全高:1478mm
最高速度:204km/h
0-100km/h加速:4.7秒
航続距離:469km
CO2排出量:0g/km
乾燥重量:2048kg
パワートレイン:ツインAC永久磁石同期モーター
バッテリー:78kWhリチウムイオン
最高出力:407ps
最大トルク:67.2kg-m
ギアボックス:シングルスピード

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事